実習に役立つ看護計画2

計画 感染 予防 看護

🤭 ・ 食事や運動、薬物療法の自己管理の継続の必要性。 ただ、患者の理解や治療への意欲、家族の協力が必要不可欠な治療法になりますので、看護師は患者の観察をしながら、退院後に適切な腹膜透析を続けられるように援助していきましょう。

19

感染リスクの看護計画

計画 感染 予防 看護

😋 (手荒れは手指消毒がしみて皮膚刺激があったり感染源となりやすいため、個別で使用するハンドクリームなどでケアする必要があります。 必要時、吸引を行う。 また、ドレーンが屈曲するなど排液が妨げられると、排液が創部に戻り、感染を起こす原因となりますので、スムーズに排液できるように、ドレーン管理には注意してください。

19

疾患別に看護計画を調べる

計画 感染 予防 看護

🐲 4 モニタを装着しECG波形のチェックをする:電解質の補正に伴い高カリウム血症から低カリウム血症となってくるためである 5 静脈内少量時持続注入療法には必ず速効性インスリンを使用する:作り方は看護手順を参照する 6 嘔吐時の誤嚥を避ける為、側臥位をとり顔を横に向ける 7 保温に注意する 8 意識回復後は経口的にカリウムを多く含んだ果汁を摂取させる 9 治療が遅れる程予後不良となるため、早期に開始できるように速やかに処置する EーP(教育) 1 意識回復後は糖尿病のパンフレットを使用し再指導を行う #3入院時意識レベルの低下があり、低血糖昏睡が疑われる 目標:意識が回復し低血糖症状が無くなり血糖が100前後に速やかに戻る OーP(観察) 1 誘因を知る:経口糖尿病薬の内服量、インスリン量、視力障害 2 頭痛、欠神、失神、不安、言語障害、思考障害、興奮、意識レベル(嗜眠、傾眠、昏睡) 3 低体温、VS 4 血糖値 5 皮膚蒼白、発汗、振戦 6 吐気、嘔吐 7 尿量、水分バランス TーP(実施) 1 血糖チェックを行う:指示された時間ごと 2 低血糖を認めたら指示された角砂糖、砂糖水を摂取させる 3 輸液ルートの確保とブドウ糖液が持続注入されるため、その輸液管理をする 4 モニタを装着しECG波形をチェックする:電解質の補正に伴い高カリウム血症から低カリウム血症となる 5 嘔吐時の誤嚥を避ける為側臥位をとり顔を横に向ける 6 保温に気を付ける 7 呼吸状態が重篤な場合は挿管し呼吸管理をする 8 治療が遅れる程予後不良となるため、早期に開始できるよう速やかに処置する 参考資料: 糖尿病患者の看護計画2 病棟で使用している看護計画を紹介します 看護計画に個別性を持たせるために、患者さんに合っていない部分は削除し、 たりない部分を補足して使用します。

6

白血病患者の看護計画

計画 感染 予防 看護

✋ 家族や周囲の人の健康状態• 感染経路別予防策 感染予防を行うためには、微生物(病原体)の感染経路を知り、その経路を遮断することが重要です。 【活用ツールの目的】• 肺炎のリスクがある場合、エネルギーを使わない様な咳嗽を促す 6. 手術が原因で起こる感染には、創部の感染(SSI)以外にも尿路感染や肺炎などがありますが、手術が間接的な原因であっても術野外で起こった感染症はSSIではなく、「遠隔臓器感染症」と定義されます。 感染予防の方法(手洗い、マスク着用)を絵とひらがなの載った資料を用いて患児に説明する。

1

実習に役立つ看護計画2

計画 感染 予防 看護

⚐ 灼熱感• 都道府県協会から感染管理認定看護師等や看護管理者を、中小規模病院および高齢者福祉施設等へ派遣する際に活用する。

2

実習に役立つ看護計画2

計画 感染 予防 看護

😋 食欲不振は低栄養状態、免疫力の低下につながる。

4

白血病患者の看護計画

計画 感染 予防 看護

👊 感染を起こしている場合は、 排液が混濁し、濁ったような変化が見られます。 糖尿病教育入院患者の看護計画 #1糖尿病に対する病識がないため、指導が受け入れられにくい 目標:患者自身が主治医となり管理しようという動機づけができる OーP(観察) 1 生活背景:職業、生活リズム、年齢 2 糖尿病の理解度、教育に対するストレス 3 食生活、運動量:活動内容の把握 TーP(実施) 1 教育内容を習得する能力があるかどうかを判断する:チェックリストを活用 2 教育を始める時期を判断する 3 教育の内容を決定し医師の方針を把握する 4 殆どの患者は自己血糖測定を行い自覚を深めるようにするが、その時期や一日に何回行うか、舌苔に測定は必要かなどは医師と看護師が話し合い決定する 5 教育を始める時に患者を積極的にさせるように、医師と話し合いながら患者一人一人に合った教育を行う 6 患者に能力がない場合は家族に説明する 7 スライド、パンフレット等の教材を使用し、病態や治療の原則を十分理解させる EーP(教育) 1 自己血糖測定法を説明する #2血糖コントロールに関連して低血糖、高血糖が起こる可能性がある 目標:低血糖高血糖に対する知識を持ち、冷静に対処できる OーP(観察) 1 検査データ:HbA1c、HbA1、血糖値 2 食事量、運動量 3 低血糖症状、高血糖症状 4 指示された薬物療法が確実に行えているかどうか 5 経験の有無、知識の程度 TーP(実施) 1 低血糖、高血糖時の症状を家族を含めて説明する 2 前駆症状があれば血糖測定をする 3 血糖値が安定するまで1日4回血糖測定をする EーP(教育) 1 パンフレットを使用し指導する:経口血糖降下剤:薬理作用、副作用、対処療法、服用方法。

12

SSI(手術部位感染)の看護|ガイドラインや原因、2つの看護計画

計画 感染 予防 看護

⚐ まとめ 手術部位感染(SSI)の基礎知識とガイドライン、原因、症状、看護計画をまとめましたが、いかがでしたか?SSIはすべてを予防することはできませんが、術前・術後の看護師のケアによって、リスクを低下させることは可能です。 #1糖尿病に対する認識不足・知識不足の為に適切な自己管理が出来ない 目標:糖尿病を受け止め、今後の自己管理に対して前向きな気持ちを持つことが出来る。 ただ、仕事が忙しい、面倒臭いなどの理由で、決められた回数を行えないことがあります。

看護計画 <感染リスク状態>(周術期)

計画 感染 予防 看護

⚐ 病原微生物が体内に入っても、病原微生物の増殖が急激ではなく、感染までに至らない状態もあり、これを保菌といいます。 #1易感染状態で感染症を発症しやすい 看護診断 感染リスク状態 危険因子:薬物、不適切な第一次防御機構、不適切な第二次次防御機構 看護目標 長期:重篤な感染を起こさず、化学療法を安全に乗り越えていくことができる 短期:1)感染を起こさない 2)感染予防行動を理解し実施することができる OーP ・血液検査データ ・感染しやすい部位症状 口腔(舌、歯肉、粘膜):発赤、腫脹、疼痛 呼吸器(上気道、肺、気管支):鼻汁、くしゃみ、発赤、咳、痰、呼吸困難 消化器(胃、腸粘膜):悪心、下痢、腹痛 皮膚:発赤、腫脹、疼痛、肛門周囲膿瘍 尿路:頻尿、残尿、排尿時痛、尿混濁 性器:かゆみ、帯下の増加 ・発熱の有無 ・栄養状態 TーP ・環境整備 ・白血球が1000以下が続く時は個室管理っか高性能微粒子フイルタ装具の病室が望ましい ・面会を制限する ・皮膚粘膜の清潔を保ち損傷を防ぐ ・口腔ケア ・排便後は温水洗浄便座を使用し陰部の清潔を保つ ・中心静脈ラインなどの身体への挿入物の管理 ・栄養状態と水分摂取量を維持する ・生ものの摂取を禁止する ・ストレスの緩和を図る。 そのほか 相談窓口に寄せられた感染予防・対策に関するご質問 日本看護協会が設置している相談窓口に寄せられた感染予防・対策に関するご質問について、FAQを取りまとめましたのでご参照ください。

10